債務整理とは

家族の債務整理、保証人になっている場合は

借金の額が大幅に減る、もしくはまったくなくなることもあるのが債務整理であり、生活の基盤を立て直すことに貢献する国の救済措置になります。
主債務者が返済できなくなった時に代わりに返済するのが保証人です。
債務整理家族が保証人になっており、借金がそのまま降りかかることになるケースもあります。
もちろんそのようなケースの時も債務整理を行うことが可能です。
ただ相手を信用して保証人になり、裏切られたわけですから、今後の関係は悪化するのは必至です。

 

自身の借金で債務整理を行った場合、保証人になることは難しいです。これは事故情報が、信用情報機関に掲載されますので、保証人になることができません。お金を借りている主債務者がもしものときの代わりにお金を返す人になりますので、事故情報が掲載されると難しくなるでしょう。当然なっている場合は、債権者にとってみればリスクになりますので、主債務者にも迷惑が掛かる可能性があります。

 

また名義人が保証人となり、債務整理を行っても家族には影響がありません。ただ名義人が親である場合、生活が根本的に変わることがありますので、生活を立て直すためにも制約しなければならないこともあるでしょう。特に自己破産や個人再生となると、家族の協力が必要になりますので、家族で取り組まなければならない問題になります。
アマゾンギフト券 買取 堀ノ内斎場 臨海斎場 桐ヶ谷斎場

 

債務整理をインターネットでのお申込み

色々な金融機関からお金を借りてしまい、その返済が難しくなった時は専門家と相談をすることが重要です。
弁護士などの専門家は借金の整理を得意にしていて、依頼をすれば短時間で借金の問題を解決できます。依頼をする時の費用もやすく、借金の負担を安い料金で改善することが可能です。債務整理ただこのような専門家に仕事を依頼するためには、法律事務所まで行かなければいけません。
そのため近所に相談のしやすい業者がいない場合は、手続きをするのが難しい場合があります。
そういう時はインターネットのサイトを利用して、債務整理の申し込みをするといいです。
最近はネットのサイトを使った法的整理が便利になっていて、短時間で問題を解決できます。
ネットのサイトですからいつでも依頼が可能ですし、何らかの事情があって時間が取れない方に向いています。
またインターネットを使った方法ならば、業者ごとの比較もできるので良いところを見つけやすいです。
債務整理にかかる負担は小さめですが、その負担をより小さくすることもインターネットならば可能です。
専門家に債務整理の依頼をする時はネットを使うとよく、細かい問題でも相談をする事ができます。
ただある程度は相手の事務所まで行って相談をする必要もあるので、そういうことについても予め話し合っていたほうがいいです。
カラコン 営業代行 リフォーム 横浜 ハウスクリーニング

 

債務整理とは

債務整理=借金の額を減らし、重い金利負担から解放される手続きです。

現在、日本には200〜300万人もの人が、借金問題で悩んでいるといわれています

借金問題で悩んでいる方の中には、自殺や夜逃げをされる方も多く法律家に相談して借金の整理をする人はほんの一部といえます
どんなに大きな額の借金でも法律で整理できない借金はありません。お一人で悩まずに相談されることをお勧めします。


まずは債務整理の種類とメリット・デメリットを見てみましょう。
多重債務のある方は、まず返済方法等を専門家の先生に相談されることが解決の近道です。多重債務でお悩みの方、ベテランの弁護士さんが解決お手伝いをしてくれますよ
詳細は、別ページに掲載しました。

 

債務整理メリット・デメリット

 

債務整理には 1)過払い金返還請求、2)任意整理、3)自己破産、4)個人再生の4種類があります。
それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。
多重債務がある場合には、お一人で悩んでいても解決しません、まずは、弁護士に相談することをお勧めします。

 

任意整理のメリット

 

  • 裁判所を通さずに司法書士・弁護士が貸金業者(消費者金融など)と交渉をするため、お客様の負担が軽く、周囲に知られることのないお手続きが可能です。
  •  

  • 司法書士・弁護士に任意整理の依頼をすることによって、すぐに督促が止まります。
  •  

  • 重い金利負担となる将来利息はカットされます。
  •  

  • 自己破産や個人再生のように官報に掲載されることがないので第三者に知られることはありません。
  •  

  • 自己破産のような職業制限や資格制限がありません。
  •  

  • 自己破産や個人再生では全ての貸金業者(消費者金融など)を対象に入れて手続きをしなければいけませんが、任意整理であれば保証人付きなど特定の貸金業者(消費者金融など)のみを除いての手続きが可能です。

屋形船 在庫管理 不用品回収 町屋 斎場

 

任意整理のデメリット

 

5年程度はブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうため、その間新規のお借り入れやカードの利用、ローンを組むことができなくなります。

 

任意整理は、裁判手続である自己破産、個人再生手続のように、借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるわけではありません。
あくまでも話し合いで、利息制限法に基づき、過去に払い過ぎた利息分を現在の借金と相殺し、借金を減額する手続きのため、自己破産や個人再生手続などのように強制的な借金の免除が行われるわけではありません。

 

まれに強硬な貸金業者(消費者金融など)ですと和解が成立しないことがあります。この場合は、司法書士が責任をもって次善の策を提案いたします。
ただし、通常の一般貸金業者(消費者金融など)は和解に応じていただけますので、あまりご心配いただく必要はありません。

スキンケア  歯科開業 ゴミ屋敷片付け